転勤が決まった!急いで部屋を探すコツってあるの?

転勤が決まった!急いで部屋を探すコツってあるの?

引越しされる方の中には、転勤によって引越しをしなければならなくなったという方も多いのではないでしょうか。転勤の場合、仕事の引継ぎ業務と並行して新たな地での物件探しもしなければいけません。転勤する方は、引越しをするまでの期間が極めて少ない方が多いです。

急いで新たな物件を探さなければならない状況ですが、できるなら「快適な生活が送れるような物件を探したい」思う方が大半ではないでしょうか?そこで今回は、急遽転勤が決まった方おすすめの物件探しの方法をご紹介していきます。

転勤先の物件探しで失敗しないために

転勤先の物件探しで失敗しないために
転勤の辞令はおよそ1ヵ月前位の時期に出ることが多く、通常の引越しとは違って明らかにハードスケジュールとなっています。しかし、「焦って物件を決めて失敗した」といったことにならないためにも、冷静に対処していくことが大切です。

転勤先での物件探しは、基本的に即決で動かなければ、スケジュールが間に合いません。そこで、焦って動き回るよりは、落ち着いて情報収集していく方が、視野が広がるので、より良い物件探しができます。

転勤先の環境の下調べが大事!

物件を探す前に、転勤先がどんな土地なのかをリサーチしていきましょう。急な転勤で時間がない場合は、「電車の本数など交通の利便性」「スーパーやコンビニなどの施設」といった生活する上で重要なポイントから調べていくと良いでしょう。

リサーチポイント
  • 交通の利便性
  • スーパーや病院などの施設
  • 治安などの周辺環境

エリアを決めたらいよいよ物件探し

転勤先の土地についてリサーチが完了したら、いよいよ物件探しになります。これだけは譲れないという条件を考慮して、物件を探していきます。現地に確認しに行く時間も少ないと思いますので、インターネットの情報を駆使して条件を絞り込んでいきましょう。

物件を絞り込む際は、3つ程度の優先的条件を指定して検索していくと、表示される件数も少ないので絞り込みやすくなり、希望物件を見つけやすくなります。

不動産会社には転勤が決まった旨を伝えよう

不動産会社には転勤が決まった旨を伝えよう
希望物件が絞り込めたら、不動産会社に来店の予約を取ります。予約の際には必ず転勤が決まっていること伝えるようにしましょう。転勤の引越しはスピードが命ですので、内見に何日もかける時間はありません。入居希望日を事前に伝えることで、スケジュール的に間に合うような物件を紹介してくれます。

内見がすぐにできるのであれば、当日に希望した物件や不動産会社の担当に紹介された物件をまわり、即決する気持ちで挑みましょう。

内見中に不動産会社の担当にたくさん質問してOK!

急な転勤だと転勤先の情報も少ないでしょう。内見中に「遅い時間帯はどんな雰囲気になるのか」「周辺の施設は何があるのか」といった質問をするのも情報収集のひとつです。

土地勘がないからこそ、現地の不動産会社の担当に周辺地域の情報を聞いて、実際に住んでいる姿が想像できるかどうか、というのも良い物件と出会えるコツのひとつでもあります。少しでも気になる点があれば遠慮せずにどんどん質問していきましょう。

内見に行けない場合は?

スケジュールの都合上、内見に行くことができない方も多いでしょう。そういった場合は、オンライン上で内見をすることができる会社もあります。オンライン内見は、気になる箇所を担当に伝えるとじっくり映してくれるのでしっかりチェックできます。

オンライン内見が不可能な場合は、物件の動画やパノラマ写真やグーグルアースといった地図アプリで周辺の環境をチェックして、不安のないような物件を選ぶようにしましょう。

内見に行けないときのポイント
  • オンライン内見を活用する
  • 街や住人の口コミのチェック
  • 地図アプリで周辺環境や交通の利便性のチェック
  • 不動産担当者に写真や周辺環境の情報をもらう

引越し手配はスピーディーに!

引越し手配はスピーディーに!
転勤先の物件が決まっても、そこで一安心してはいけません。引越し業者の手配、住んでいる物件の退去連絡、ライフラインの解除の連絡、転出届の提出、そして荷物の梱包など、やるべきことはたくさんあります。仕事の引継ぎもある中で、スピーディーに動けるようにしていきましょう。

物件の退去連絡は早めに!

入居先が決まったら引越し業者の手配を最優先で考える方も多いですが、まずは現在住んでいる物件の退去連絡を行うようにしましょう。普通賃貸借契約の解約は通常1か月前申告が多いですが、契約内容によっては退去の連絡を2~3か月前にしなければいけないこともありますので、事前に賃貸契約書を確認しておきましょう。

退去連絡が遅れてしまうと、解約日が遅くなってしまい、二重に家賃を支払わなければならない状況にもなりかねません。

引越しの日程調整も徹底しよう

次に荷物の見積もりや梱包作業があります。最近ではオンラインの見積もりが可能な業者も増えてきており、梱包に関してもプランによっては業者が行ってくれる会社も増えてきました。

なるべく業務に支障をきたすことがないようにオンラインの活用や、梱包もしてくれる引越し業者に依頼するなど少しでも手間を省くようにすると、ストレスなく仕事に打ち込めるのでおすすめです。尚、見積もりの際に引越しの日程の打ち合わせを念入りにしておくと、不安なく引っ越しをすることができます。

転勤は4月や9月といった時期が多いので、タイミングによっては引越しの予約が取りにくい場合もあるので、注意しましょう。

冷静に対処して良い物件に巡り合おう

冷静に対処して良い物件に巡り合おう
何度もお伝えしている通り、転勤の引越しはスピードが命でもあり体力や気力も要します。短期間で全てを終える必要があるので、とにかく転勤先の情報収集は念入りに、内見も即決するという気持ちで、希望物件を絞りこんでいきましょう。

不動産会社にも、引越し業者にも「転勤の都合で日程の希望がある」という旨をしっかりと伝えることで、物件探しから引越しの工程がスムーズに進みやすくなります。情報収集・情報共有を徹底しながら、慌ただしい転勤の引越しを乗り切っていきましょう。

水商売の方でお部屋をお探しの方は是非ナイトハウスをご利用ください

この記事の編集者

ナイトハウス編集部
ナイトハウス編集部


水商売専門のお部屋探しのプロ集団です!

ナイトハウス編集部では水商売系のお仕事の方向けのお部屋探しコラムをアップしております。私たちは水商売・キャバ嬢・ホストで働く方のお部屋探しを全力サポートいたします。他の不動産屋で断られた方、無理と言われた方は一度ご相談ください。私たちにしか紹介できない自社管理物件も多数ございます。


お気軽にお問い合わせください!


関連記事一覧