引越しにおすすめの時期ってあるの?いつから動けば良いか教えます

引越しにおすすめの時期ってあるの?いつから動けば良いか教えます

皆さんは引越しの予定を立てる場合に、一番最初にどんなことを連想するでしょうか?多くの方は、引越し費用にいくら必要なのかと金銭面の事を考えると思います。

引越しにかかる費用は引越しをする時期によって変動します。物件探しに繁忙期と閑散期があるように、引越し業界でも同じく繁忙期通常期があるのです。そして、繁忙期だと、通常期に比べ引越し費用は高くなってしまいます。

そこで今回は、引越しをするおすすめの時期と、引越しのスケジュールについてご紹介していきます。これから引越しを検討している方は、是非参考にしてみてください。

引越しにも繁忙期と通常期がある

引越しにも繁忙期と通常期がある
どの業界にも繁忙期と通常の時期があるように、引越し業界にも同じく繁忙期と通常期という二つのシーズンが存在しています。引越しを考えている方にとっては、どの時期に引越しをした方が良いのかを悩んでいる方も多いでしょう。ここでは、引越し業界の繁忙期と通常期についてご紹介していきます。

繁忙期とは?

引越し業界の繁忙期は、3月~4月9月~10月の二つの時期があります。特に3月~4月は、進学や就職など様々なイベントが重なることもあって、1年を通して最も忙しい時期となります。

そして第二の繁忙期でもある9月~10月は、人事異動による転勤で引越しする方が多く、なかなか引越し業者の予約を抑えることも難しい時期です。特に繁忙期の土・日・祝日は、引越し希望の人が集中しているので、予約を取ることが困難です。

その中で最も競争率が高いと言われているのが、3月の最終週の土曜日と言われています。その周辺で引越しを検討している人は、引越しする日程を見直すことをおすすめします。

一言メモ

引越し業者の中には5月~翌年2月を通常期をしている業者もあり、業者によって繁忙期に多少の違いがあります。

通常期とは?

引越し業界の通常期は、繁忙期を除いた時期のことを指しており、5月~8月11月~翌年2月の時期を通常期としている引越し業者が多いです。

特に6月~8月は、気温も高く、雨も多い時期なので引越しを避ける方が多いです。引越しされる方が少ないこともあり、この時期は引越し業者の予約も取りやすくなります。
またこの時期は、引越し費用が安くなるキャンペーンが開催されることもあるのでホームページなどで確認しましょう。

繁忙期に比べると、自分のスケジュールに引越し日程を合わせやすく、尚且つ引越し費用を抑えることができるので、満足のいく引越しを行うことができる確率が高いです。

引越し業者は土日や祝日だと料金が高くなることがあります。平日に引越しを行うとが出来れば、費用を抑えることができるのでおすすめです。

引越し時期による費用の変動

料金相場
※単身者で同一県内引越しの場合
1月 36,100円
2月 36,700円
3月 63,000円
4月 60,800円
5月 55,900円
6月 42,500円
7月 41,100円
8月 42,700円
9月 51,300円
10月 47,900円
11月 54,500円
12月 34,300円

LIFUL引越料金相場シミュレータより10円単位を四捨五入した価格

引越しをするには、いつから動くべき?

引越しをするには、いつから動くべき?
引越しをするのが初めての方だと、「いつから準備をすればよいのか分からない」という方もいらっしゃると思います。電話一本で「すぐに引越し」というわけにはいきません。引越しするには事前に荷物量や引越しの距離など見積もりを取る必要があります。

見積もりを取り、トラックの台数やスタッフの人数を加味した上で、初めて引越しの日程を擦り合わせることができます。

引越しの見積もりは、引越し希望日の1ヵ月前までに!

引越しの見積もりは、自宅に訪問してもらい見積もりを取るのが一般的ですが、近年ではオンラインの見積もりができる引越し業者も増えています。見積もりは、その日すぐに出来るケースは少なく、事前に予約して見積もりを出してもらうのが一般的です。見積もり希望日の最低でも1週間前までに連絡をするようにしましょう。

繁忙期になると、見積もりの予約も取りにくくなってしまいますので、繁忙期の場合には、さらに余裕をもって動くことが大切です。見積もりの際に、「タンスはそのまま運んでもらえるのか」「衣装ケースはどのようにして運ぶのか」など事前に梱包の方法を聞いておくと、荷造りもスムーズに進めることができるのでおすすめです。

食器類に関しては、専用の梱包資材を用意してくれる引越し業者もあります。こちらで梱包しなくてよい荷物を確認して、段ボールの数がどのくらい必要になるのかを、見積もりの段階で伝えておきましょう。

間取り別の引越しに必要な段ボールの目安

間取り 段ボールの数
1ルーム 10箱
1DK 20~40箱
2DK 40~60箱
3DK 50~80箱
4LDK 80~120箱

見積もりの翌日くらいには段ボールが到着!

早い引越し業者であれば、見積もりの翌日には段ボールなどの梱包資材が到着します。荷造りも引越しの前日までには終わらせておき、引越し当日は直前まで利用していたものを梱包するだけにしておくのが理想的です。

引越しの準備をする中で、不用品を処分や、梱包する時間が一番多くかかります。見積もりの段階で梱包しなくても良いと聞いておいたものは、省きながら段ボールに分かりやすく詰め込んでいきます。

荷物の梱包も仕分けなどを考えると、2週間程度の準備期間を考えておいた方が、スケジュールに余裕を持つことができるでしょう。

引越しの時期をずらせるのであれば、通常期に!

引越しの時期をずらせるのであれば、通常期に!
今回は繁忙期・通常期と二つのシーズンがあることをご紹介してきました。スケジュールにゆとりを持ち、さらに引越し費用を抑えたい方は、通常期の引越しがおすすめです。

引越し業者への連絡も、希望日の1ヵ月前と少し余裕をもって連絡しておくことで、すべての作業がスムーズに行うことができ、気持ちにもゆとりが生まれます。

タイトなスケジュールで動いてしまうと、「希望日に予約が取れない」といった事態にもなりかねないので、なるべく早めに引越し業者の選定を行うようにしましょう。

水商売の方でお部屋をお探しの方は是非ナイトハウスをご利用ください

この記事の編集者

ナイトハウス編集部
ナイトハウス編集部


水商売専門のお部屋探しのプロ集団です!

ナイトハウス編集部では水商売系のお仕事の方向けのお部屋探しコラムをアップしております。私たちは水商売・キャバ嬢・ホストで働く方のお部屋探しを全力サポートいたします。他の不動産屋で断られた方、無理と言われた方は一度ご相談ください。私たちにしか紹介できない自社管理物件も多数ございます。


お気軽にお問い合わせください!


関連記事一覧