料理好きの方におすすめ!狭いキッチンでも使いやすくする方法!

料理好きの方におすすめ!狭いキッチンでも使いやすくする方法!

一人暮らしをしていると食費を浮かすために一度は自炊にチャレンジされるのではないでしょうか。しかし「狭くて料理をする気が起きない」「キッチンが狭くて複数の調理が出来ない」とキッチンが狭いことが理由で自炊をやめてしまう方が多いです。

キッチンスペースが狭いと、調理工程を分ける必要があるため、時間がかかってしまいます。また、包丁やコンロ、油といったキッチン用品は、一つ間違えると火事や怪我を招くので、狭いスペースだと取り扱いにも気を使い不便です。

そこで今回は、狭いキッチンスペースでも狭いキッチンスペースでも料理がしやすくなるアイデアをいくつか紹介していきます。

調理しやすいスペースは60センチから90センチが目安

調理しやすいスペースは60センチから90センチが目安
調理のしやすいスペースとしては、まな板と食材、調理器具を置いてもゆとりがある広さが良いと言われており、60センチから90センチ程度が目安と言われています。しかし、ワンルームや1Kの物件では30センチから50センチ程度が一般的です。

調理スペースが狭いと、食材を置く場所がなかったり、不安定な場所で食材を切ったりすることになるので、大変不便です。その為、狭いキッチンスペースで快適に調理を行うためには様々な工夫が必要です。

調理スペースを確保するためにデッドスペースを活用!

調理スペースを確保するためにデッドスペースを活用!
調理スペースを確保するためにはデッドスペースを活用することがオススメです。そこで今回は、デッドスペースを活用する方法として3つの方法を紹介します。ちょっとしたアイテムを取り入れるだけで、簡単にデッドスペースを活用することができるのでご参考にしていただければと思います。

水切りかごを流しの上に置く

意外と場所を取ってしまうのが水切りかごです。しかし、突っ張り棒を利用した水切りかごがあり、シンクの上に設置することができます。こうすることで、シンクに置いていた水切りかごのスペースを空けることができ、調理中も邪魔に感じることがありません。

シンク上水切りラック

突っ張り棒を利用する以外に、「シンク上水切りラック」と呼ばれるアイテムがあり、幅を調節することができるので、シンクの幅に合わせて設置が可能です。水切りかごには受け皿がついているので、下が濡れてしまうといったことはありません。

シンク上水切りラック

画像引用元:DAYWEAR WAHEI デイウェア ワヘイ

サイド部分には他の調理器具の収納箇所があるので、調理スペースと収納スペースを一気に確保することができるアイテムです。

隙間収納を利用する

続いて紹介する方法が、冷蔵庫と調理スペースの間に隙間があるという人におすすめの方法です。この隙間を有効活用することができれば、狭いキッチンに少しのゆとりが生まれます。わずかな隙間でも、隙間収納ラックを利用すれば、調味料を収納しておくことができます。調味料は細い形状のものが多いので、収納場所に悩んでしまう人もいます。

隙間収納ラック

このような隙間収納ラックは、ニトリなどにも売っているので、簡単に入手することができるのも嬉しいポイントのひとつです。価格もそこまで高価なものではなく、キッチンの隙間収納以外にも様々なデッドスペースで活用できるアイテムです。

隙間収納ラック

画像引用元:ニトリ公式通販 ニトリネット

コンロカバーを設置する

最後に紹介するアイテムは、コンロカバーです。このコンロカバーはコンロを使っていない間、コンロの上が作業スペースとして使える大変優秀なアイテムです。料理の下準備などでコンロを使わない間は、食材のカットや、食材を置くスペースとして活用できます。

2WAYコンロカバー

アイテムによって、コンロカバーの脚を広げればシンク上に置くことができる2WAY式のコンロカバーもあります。かなりの重量に耐えられるアイテムなので、普通に使用すれば壊れる心配はありません。「コンロの上が使えたらもっと広くスペースを使えるのに」と思っている人には、このコンロカバーがおすすめです。

2WAYコンロカバー

画像引用元:DAYWEAR WAHEI デイウェア ワヘイ

アイテムを使って作業スペースを増やす

アイテムを使って作業スペースを増やす
デッドスペースを有効活用するだけでキッチンの作業スペースは広くすることができます。しかし、更に作業スペースを増やしたいという人も多いのではないでしょうか。デッドスペースを活用する方法は、一時的なものも多いです。更に作業スペースを増やしたい人は、3つの方法を紹介するので、是非取り入れてみてください。

キッチンワゴンを作業スペースとして活用

一つ目に紹介する方法は、キッチンワゴンを使う方法です。「キッチンワゴンを使うことで更にスペースが狭くなるのではないか」と懸念している人は多いかもしれません。しかし、キッチンワゴンは、収納スペースとして活用するだけでなく、作業台としても活用することができます。

キッチンワゴン

スペースを懸念する方は定位置をあらかじめ決めておくことで、狭く感じることは無いでしょう。また、移動も簡単なので作業台として使うときのみ移動させるなど応用も効きます。価格もお手頃なものが多く、入手しやすいおすすめのアイテムです。

キッチンワゴン

画像引用元:ニトリ公式通販 ニトリネット

水切りシンクラックを置いて作業スペースを広げる

二つ目に紹介する方法は、水切りシンクラックを使う方法です。この方法は、作業スペースを拡張できるので作業スペースが狭いキッチンにおすすめの方法です。

水切りシンクラック

シンク部分に水切りシンクラックを設置することで、シンクを作業台としても活用することができます。また、洗ったものを置くスペースにもなるので、便利なアイテムです。水切りシンクラックは、どこでも売っているアイテムなので、ホームセンターに用事がある時などに覗いてみてください。

シンク上水切りトレー

画像引用元:howsie ハウジー

タオルハンガーで作業スペースを増やす

三つ目に紹介する方法は、タオルハンガーを利用した方法です。タオルハンガーを使って、作業スペースを確保する方法はなかなか想像しにくいかと思います。しかし、タオルハンガーのアイテムの中には、90度起こすことで補助テーブルになるアイテムがあります。

補助テーブル付タオルハンガー

このアイテムを使えば、補助テーブルとしても利用できるので便利です。コンロとシンクの間にスペースがないキッチンであれば、特に有効活用できるアイテムです。

補助テーブル付タオルハンガー

画像引用元:ベルメゾンネット

一言メモ

    補助テーブル付タオルハンガーは耐荷重がそれ程高くないため、水の入った鍋などあまり重いものは置かないようにしましょう。

アイデア次第で狭いキッチンでも快適に

アイデア次第で狭いキッチンでも快適に
今回は狭いキッチンを少しでも使いやすくするアイデアを6つ紹介してきました。デッドスペースの活用やアイテムを有効活用するなど、アイデア次第で狭いキッチンでも快適に料理をすることができます。今回ご紹介したアイテムはお手頃な価格のアイテムが多いので、是非取り入れてみてください。

この記事の編集者

ナイトハウス編集部

水商売専門のお部屋探しのプロ集団です!

ナイトハウス編集部では水商売系のお仕事の方向けのお部屋探しコラムをアップしております。私たちは水商売・キャバ嬢・ホストで働く方のお部屋探しを全力サポートいたします。他の不動産屋で断られた方、無理と言われた方は一度ご相談ください。私たちにしか紹介できない自社管理物件も多数ございます。

関連記事一覧