一人暮らしにおすすめの間取りとは?

一人暮らしにおすすめの間取りとは?4つの間取り別に解説

初めて一人暮らしをする方は、不安が大きいと思いますが、新生活を想像すると「お部屋を探すのが楽しい!」という方も多いのではないでしょうか。間取りにはそれぞれ特徴があって、メリット・デメリットまで理解しておくと、お部屋探しもしやすくなるでしょう。

賃貸物件で一人暮らしをするにあたって、どのお部屋を選択するかはその人の優先順位によって変わります。間取り別のメリット・デメリットを理解することで、一人暮らしのお部屋探しをする際の判断がしやすくなります。

この記事では、間取りごとの特徴やメリットとデメリットを解説していきますので、是非ご参考ください。

一人暮らしにおすすめの間取りは主に4種類!

一人暮らしの基本的な間取りには、以下の4種類があります。

一人暮らしの基本的な間取り
  • 1R(ワンルーム)
  • 1K
  • 1DK
  • 1LDK

間取りごとにメリットとデメリットがあり、それぞれ異なります。1つずつ見ていきましょう。

1R(ワンルーム)のメリット・デメリット

1R(ワンルーム)のメリット・デメリット
1R(ワンルーム)とは、居室とキッチンの仕切りのない間取りのことです。
居室のなかにキッチンがあるため、安全に配慮して火力コンロではなく、電気コンロやIHコンロが設置されているお部屋が多くあります。

1R(ワンルーム)のメリット

1Rのメリットは、一人暮らし向けの間取りのなかでは、一番家賃が安い傾向にあることです。

居室とキッチンの間を仕切る引き戸やドアがないので、その分建設や設備コストがかかりません。他にも、1Rに入居したい需要が高くないこともあり、家賃が低めに設定されている傾向があります。

1R(ワンルーム)のデメリット

1つ目のデメリットは、狭い物件が多いことです。
1Rの間取りも他の間取りと同様に「洋6」のように表記されますが、キッチンスペースも含まれています。そのため、1Rの6帖と1Kの6帖だと、1Rのほうが狭くなります。間取りに記載された帖数ではなく専有面積を確認するようにしましょう。

2つ目のデメリットは、キッチンのにおいが居室空間にも広がりやすいことです。
1Rは居室とキッチンを仕切る扉がないので、衣類や寝具などに料理のにおいが付着する可能性があります。においに敏感な方は、1R以外の間取りがおすすめです。

メリットとデメリットを踏まえると、1Rは以下のような人におすすめです。

1Rはこんな人におすすめ
  • 家賃をなるべく抑えたい方
  • 部屋が狭くても問題ない方
  • キッチンと居室が同じでも構わない方

1Kのメリット・デメリット

1Kのメリット・デメリット

1Kとは、4.5帖未満のキッチンと1つの居室があり、キッチンと居室の間に仕切りがある間取りです。

1Kのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

1Kのメリット

1Kの1つ目のメリットは、居室にキッチンから発生したにおいが入り込みにくいことです。
1Kの間取りは、キッチンと居室がドアで仕切られています。そのため、料理中に発生するにおいが居室に移ることを防ぐことができ、衣類や寝具などににおいが付着しにくいです。

2つ目のメリットは、玄関外に音が漏れにくくプライバシーが守れることです。
居室と廊下がドアで仕切られているため、玄関の外に生活音が響きにくいです。

1Kのデメリット

1Kのデメリットは、同じ専有面積であれば1Rよりも狭く感じやすい点です。
1Rと1Kが同じ専有面積であれば、居室とキッチンの仕切りがある分、1Kのほうが狭く感じることも珍しくありません。

仕切りで遮るモノがない1Rのほうが、広く感じられることもあるでしょう。ただ実際には1Rの場合は室内に家電を置く必要がある為、実質は1Kの方が広々と使える可能性が高いです。

メリットとデメリットを踏まえると、1Kは以下のような人におすすめです。

1Kはこんな人におすすめ
  • 料理のにおいが居室に移ってほしくない方
  • 玄関から居室の生活空間が見えない間取りが良い方
  • キッチンやトイレなどの水回りと居室を分けたい方

1DK のメリット・デメリット

1DK のメリット・デメリット
1DKは、1つの居室と4.5帖~8帖未満のダイニングキッチンがある間取りのことです。
ダイニングキッチンとは、ダイニング(食事スペース)とキッチンの間を仕切らずに同じ空間となった間取りです。

1Kと似た間取りが多いのですが、キッチンスペースに食事をとれる空間を取り入れているため、キッチンスペースが広いことが特徴です。

1DK のメリット

1DKのメリットとしては、キッチンスペースが広い点です。
1DKは、1Rや1Kと比べるとキッチンスペースが広いので、頻繁に自炊する方としては広々と使い勝手の良い間取りといえます。

1DK のデメリット

1DKのデメリットは、築年数の古い物件が多いことです。
1DKは一昔前に流行った間取りのため、築年数の経過した物件も多く、外観や内装が古びているケースがあります。
キッチンや浴室などの設備を、新築当時から換えていない物件も中にはあるので、突然不具合を起こす可能性も考えられます。

メリットとデメリットを踏まえると、1DKは以下のような人におすすめです。

1DKはこんな人におすすめ
  • キッチン空間を広々と使いたい方
  • 玄関から居室が見えない間取りが良い方
  • キッチンと居室を分けて使いたい方

1DKと1Kの間取りは似ているためメリットやデメリットも類似しています。
ただし、1Kのほうが専有面積の広い間取りもあるので、専有面積も必ず確認することをおすすめします。

1LDKのメリット・デメリット

1LDKのメリット・デメリット
1LDKは、1つの居室と8帖以上のLDKがあり、居室とキッチンが仕切られている間取りのことです。
LDK(リビングダイニングキッチン)とは、DKにリビング(居間)の機能を一体化させたお部屋のことで、比較的築年数の浅い物件が多いのが特徴です。

ここからは1LDKのメリットやデメリットについて確認していきましょう。

1LDKのメリット

1つ目のメリットは、築浅の物件が多いことです。
1LDKの間取りを取り入れている賃貸物件は、新築や築年数が比較的浅い物件が多く、新しい設備が導入されているお部屋が多くあります。
オートロックやシステムキッチン、独立洗面台、浴室乾燥機などの設備が充実していることが傾向にあります。

2つ目のメリットは、収納スペースが広い傾向にあることです。
物件によってはウォークインクローゼットがついているお部屋もあり、収納スペースが広くとられていることが多いです。
収納スペースに荷物を収めることができるので、荷物が多い方でも居室がスッキリ使えます。

1LDKのデメリット

1LDKのデメリットは、一人暮らしの間取りのなかでは最も家賃が高い傾向にあることです。
築年数が浅く、設備も充実しているので、その分家賃が高くなりやすいです。

メリットとデメリットを踏まえると、1LDKは以下のような人におすすめです。

1LDKはこんな人におすすめ
  • 設備の整ったお部屋に住みたい方
  • 荷物が多い方
  • 将来的に二人暮らしを検討している方

新型コロナウイルスの影響で、在宅で仕事をする機会が増えた方も多いのではないでしょうか。1LDKは居室とLDKが分かれているので、自宅で仕事をする場合にも使い勝手が良い間取りです。

あなたにピッタリのお部屋タイプで見つけよう

この記事では、一人暮らしにおすすめの間取りの特徴やメリットとデメリットについて解説しました。おすすめの間取りは人によって異なります。それぞれの条件に適した間取りがあり、優先順位によっても変わります。

お部屋探しをする際には、優先順位を明確にしたうえで探すと、あなたに合ったピッタリのお部屋が見つかりやすくなるでしょう。

関連記事一覧