• HOME
  • ブログ
  • 水商売 賃貸
  • 水商売のお仕事で上京を考えている人必見!賃貸契約の手順から引越し後の手続きまで紹介します。
水商売のお仕事で上京を考えている人必見!引越し手続きから引越し後まで紹介します。

水商売のお仕事で上京を考えている人必見!賃貸契約の手順から引越し後の手続きまで紹介します。

地方から東京に上京して水商売の仕事を考えている方はいませんか?将来的に上京したいと考えを持っていても、どのような手順で何をすれば良いのか分からないことも多いかと思います。そこで、水商売で上京を考えている人に向け、上京するまでに必要な手順引越し後に必要となる手続きを紹介していきます。

華やかな都会での暮らしを実現させるためにも、物件探しから引越しまでの流れを把握して、新たな生活をスタートさせていきましょう。

上京を考えている人向けに物件探しから契約までの流れを紹介

契約までの流れ
県内など近い距離の引越しの経験がある方は多いかもしれません。しかし、上京となると距離も違いますし、何より入居先が決まるまでの期間や費用など、近距離の引越しと比べると多くの違いが出てきます。

そこで、上京するのに必要な、一連の流れを把握しておくことで、余裕を持ったスケジュールを組むことができます。

まずは物件探しから入居までの流れを簡単に紹介していきます。大体の流れは分かる方も多いかもしれませんが、地方から上京という遠距離の引越しの場合、異なる点もありますので、一緒にチェックしていきましょう。

1.賃貸情報サイトで気になる物件をリサーチ

まずは、賃貸情報サイトから希望条件に合う物件をリサーチするところから始まります。水商売で上京を考えている人であれば、お酒を飲むことが多いので、なるべく勤務先のエリアから、タクシーでワンメーターくらいの場所が理想的だと思います。そういった繁華街から近いエリアは、人気があるエリアなので、探し方も重要になってきます。

勤務先に通いやすい距離で、治安も良いエリアとなると、下調べも重要なポイントです。インターネットで住みたい場所の情報収集や、知り合いに上京している人がいれば、聞いてみるのもひとつの手段です。

理想の条件や必要な設備を書きだして、自身の生活スタイルに合った物件を探しましょう。

2.不動産会社へ訪問(上京)

希望の物件が決まったら、スケジュールを決めて不動産会社に訪問します。不動産会社に来店予約をする際に、「希望条件」「入居希望日」「予算」を伝えておくと、条件を満たした物件をピックアップしてもらえますので、その後の流れがスムーズに進みます。

近距離の引越しであれば、1日で終わることもありますが、上京となると2〜3日はスケジュール調整をして、予定を空けておくと良い物件に出会える確率も高くなります。

賃貸契約は原則「早い者勝ち」なので、不動産会社に訪問するまでに、希望の物件が先に契約されてしまうケースもあります。様々なイレギュラーを想定して、物件探しする期間を設定しておきましょう。

また、ナイトワークをされている方専門の不動産会社もあります。水商売で上京を考えている人はこういった専門の不動産会社に問い合わせてみるのも良いでしょう。

3.内見

1日に回る内見は多くても4件程度に留めておきましょう。物件の特徴も混在せず、思い出しやすくなります。1件当たりの内見に時間をかけ過ぎてしまうと、予定していた残りの内見先で時間が無くなってしまうので、長くても1時間くらいを目安としておきましょう。

内見をせずに入居申し込みすることも可能ではありますが、実際に住んでから「こんなはずではなかった」といったことにならないように、内見はしっかりとしておくことをお勧めします。

内見の件数を詰め込んでしまうと、どんな物件だったのかを思い出せなくなってしまうこともあるので、多くの物件を内見したい方は2〜3日に分けて内見をするのが理想的です。

4.申込をして審査が通過するまで待機

内見した物件の中に気に入った物件があれば、不動産会社に戻った後に入居申し込みをします。
水商売をされている方は「収入が安定しない」「生活リズムが昼職と異なる」といった理由から入居審査を通過するのが難しいとされています。水商売で上京を考えている方は、下記のポイントを抑えると入居審査に通過しやすくなります。

水商売の方でも入居審査を通過するポイント
  • 連帯保証人を付ける
  • 水商売OKの物件を借りる
  • 入居審査の期間だけ昼間の仕事に就く
  • 水商売専門の不動産会社を利用する

特に水商売専門の不動産会社は、水商売の方向けの物件紹介から入居審査までトータルでサポートしてもらえるのでおススメです。

入居審査は一般的に1週間~2週間前後かかるので、審査が終わるのを待ちましょう。
審査に通過できなかった場合には、違う候補の物件への申し込み、または、新たに物件を紹介してもらい、内見をする流れになります。

5.契約と引越し

契約の際は、必要なものを不動産会社の担当から事前に連絡がありますので、忘れないように持っていきましょう。物件の契約に要する時間は、契約内容や不動産会社により異なりますが、およそ2時間程度を想定しておくと良いでしょう。近年では、重要説明事項などもオンラインで行うこともできますので、スケジュールの都合など現地へ出向くのが難しい方は、オンライン郵送を活用して契約を済ませると良いでしょう。

鍵の受け渡しも一般的には郵送で受け取ることが可能です。ただし、鍵の受け渡しは入居日以降となりますので、契約上の入居日に引越しを予定する場合には、管理会社や大家さんから直接受け取る必要があります。引越しのスケジュールを組む際には事前に確認しておきましょう。

引越しに関連した手続きも紹介!

上京を考えている人向けに物件探しから契約までの流れを紹介
入居先の物件も決まった後は、役所へ必要書類を提出したり、生活に必要なライフラインの確保を行います。これらは不動産会社で行ってくれる手続きではありませんので、全て自分で連絡をしなければなりません。

期限が決まっているものや早めに連絡しておく必要があるものなど、どのような手続きが必要なのか、一緒にチェックしていきましょう。

既に一人暮らしをしている人は各方面の手続き

既に地方で一人暮らしをしている人は、物件の退去連絡や、電気、ガス、水道、インターネットといったライフラインの解約手続きが必要となります。また、郵便物の転送届も行っておきましょう。近年では郵便局へ出向かなくてもインターネットで手続きすることが可能です。

物件の退去連絡は、「いつまでに」「誰に」連絡しなければいけないのか、あらかじめ賃貸借契約書を確認しておきましょう。一般的には管理会社、もしくは大家さんに1ヵ月前までに書面連絡をしなければいけないケースが多いです。

また、役所にて転出届の提出も必要になります。転出届は転出日の前後14日以内に提出しなければなりませんので、忘れないようにしましょう。事前に転出届けの申請する場合は転出日の14日前にならないと申請できないので注意しましょう。

退去時に必要になる主な手続き
  • 退去届の提出
  • 郵便物の転送届
  • 住民票の転出届
  • 電気、水道、ガスなどの解約手続き

引越し後のライフラインの確保

引越ししてから不自由なく生活を送るためには、ライフラインの確保は欠かせません。電気や水道、ガスは入居日が決定して、敷金礼金・前家賃を支払った段階であれば、各ライフラインを取り扱う会社に連絡することで使えるようになります。およそ入居1週間前に連絡をしておくと、引越し当日に各ライフラインを使うことができます。

ガスの開栓に関しては、立ち合いが必要となります。繫忙期と重なってしまうと、すぐに使うことができないケースもありますで、遅くても1週間前までには手配を完了するようにしましょう。

また、インターネット回線については入居先の回線状況により立合い工事の有無が分かれます。インターネット回線を導入される方は、回線契約時に確認しておきましょう。

ライフライン 立合い 連絡先
電気 不要 東京ガス
東京電力
など
ガス 必要
水道 不要 東京都水道局

役所関係の手続き

転入届の提出・マイナンバーカードの住所変更の手続き・運転免許証の住所変更の手続きを行う必要があります。転入届とマイナンバーカードの手続きは、新居が所在する市区町村の役所にて手続きを行うことができます。

転入届は転入日から14日以内、マイナンバーカードの住所変更手続は転入届を提出した翌日から数えて14日以内に行う必要があります。マイナンバーカードの住所変更手続きは14日を超えても罰則などはありませんが、マイナンバーカードを利用する行政サービスが利用できなくなります。

注意ポイント

転入届提出後、90日以内にマイナンバーカードの住所変更がなされない場合は、マイナンバーカードが失効となりますので注意が必要です。

運転免許証の住所変更は、新居が所在する最寄りの警察署で変更が可能です。住所変更の期限は定められていませんが、住所変更を怠ったことが発覚した場合には「二万円以下の罰金又は科料に処する。」と道路交通法に定められていますので、その他の手続きと同じく14日以内に行うのが理想的です。

マイナンバーカードや運転免許証は、身分証明書として使用しているという人がほとんどかと思いますので、なるべく早めに変更しておくようにしましょう。

内容 申請場所 期限
転入届 居住する市区町村の役所 14日以内
マイナンバーカードの住所変更 居住する市区町村の役所 転入届提出翌日から14日以内
運転免許証の住所変更 居住する都道府県の警察署
運転免許更新センター
運転免許試験場
定められた期限はないが
早めの更新を推奨

上京して新たな生活をスタートさせよう

上京して新たな生活をスタートさせよう
今回は上京を考えている水商売のお仕事をした人に向けた、引越しの流れや、その他の手続きについて紹介してきました。遠距離の引越しとなると、なるべく早めに動いていかないといけないので、引越しする時期が決まったら、動き始めるようにしましょう。

きらびやかな都会での生活をスタートさせるためにも、引っ越しの流れと各手続きをしっかり頭に入れておきましょう。

水商売の方でお部屋をお探しの方は是非ナイトハウスをご利用ください

この記事の編集者

ナイトハウス編集部

水商売専門のお部屋探しのプロ集団です!

ナイトハウス編集部では水商売系のお仕事の方向けのお部屋探しコラムをアップしております。私たちは水商売・キャバ嬢・ホストで働く方のお部屋探しを全力サポートいたします。他の不動産屋で断られた方、無理と言われた方は一度ご相談ください。私たちにしか紹介できない自社管理物件も多数ございます。

関連記事一覧